AGAとは

皆さんはAGAと言う言葉を知っていますか?最近ではCMでもいくつか放送されているので、ご存じの方も多いかもしれません。しかし、自分に馴染みの無い話題の場合なかなか一度で記憶する事は難しく分かったような気分になっているだけの場合もあります。

AGAとは、男性型脱毛症の略語です。この症状は、その名の通り男性ホルモンが大きく影響していると言われており、男性に多い脱毛症として知られています。しかし、一方で、女性に全く起こらないかと言えばそうではありません。男性ホルモンが原因とはいえ、女性にもこのAGAは起こる可能性があるのです。女性のAGAはFAGAと呼ばれ、男性の物と区別されています。

AGAは男性ホルモンが毛穴に入り込む事によって引き起こされると言われています。その結果、毛穴での成長が遅くなったり短い期間で終わってしまい抜け毛に繋がると言われています。まだまだあまり知られていない症状とはいえ、実際にその症状に悩まされている方は実は大変多くなっています。

髪の毛が薄くなってきても、年齢のせいだと考えて治療をしてみようと考える方が少ないかもしれません。しかし、実はその薄毛は治る可能性があるのです。少しでも興味を持った方は是非病院に行って見る事をお勧めいたします。

AGAとFAGA

最近、巷で話題のAGAと言う症状を知っていますか?これは、男性型脱毛症の総称と言われています。この脱毛症は、男性ホルモンが多く関わっています。この男性ホルモンが毛穴の中に侵入してしまう事で、毛の成長を邪魔したり早めに終わらせる事で、抜けやすい髪の毛にしてしまう可能性があります。この男性ホルモンが毛穴に入ってしまう原因はまだ分かっていませんが、遺伝的要素が大きいとも言われています。

男性ホルモンが原因となるAGAなので、勿論患者さんは男性が多くを占めています。しかし一方で、全く女性が居ないかと聞かれればそんな事はありません。女性の場合はFAGAと言われ、男性型脱毛症と同じような症状になってしまう場合があります。

女性の体の中にも男性ホルモンがあります。しかし、それよりももっと多くの女性ホルモンがあるので、若いうちにはFAGAはあまり発症しません。それに比べ、年齢と共に女性ホルモンが低下して行きそれが原因となってFAGAになる場合があるとされてます。

女性のFAGAを防ぐためには、生活習慣を見直し体の中の女性ホルモンを分泌させる事が重要となります。最近抜け毛が気になっている女性の中にはFAGAになってている可能性の方も居ます。是非、一人で悩む事無く病院に行き医師の診察を受けて欲しいと思います。

 

女性がADAにな理由

男性の病気として思われがちのAGAですが、実は女性にも発症する可能性があります。女性の場合はFAGAと言われ、きちんと名前も付いています。その為、珍しい事では無く誰でも起こる可能性があるのです。

女性に起きてしまうFAGAの原因として最も大きい物が、女性ホルモンの低下です。女性の体の中にも男性ホルモンが入っています。その男性ホルモンが活発活動しないのはそれよりももっと多くの女性ホルモンがあり、活動を押さえつけられているからです。しかし、年齢と共に女性ホルモンが低下して行く事で、男性ホルモンが活発化してきます。その結果、女性の抜け毛であるFAGAになってしまうのです。

また、AGAとFAGAでは薄くなる場所が違います。AGAは頭頂部や生え際が薄くなるのに対しFAGAは全体に薄くなってきます。AGAは進行型の為、治療しないとどんどん薄くなっていきます。しかし、FAGAはホルモンが関係しているので、ある程度で抜け毛が収まる可能性があります。

ホルモンを整える場合は、生活習慣を見直し大豆などのたんぱく質を多く取る必要があります。自分には関係ないと思っていてもつその当事者になるのかは解りません。キチンと基礎知識を持つ事が重要ですね。

AGAは女性にも関係ある

AGAという髪の毛の症状を知っていますか?CMでも紹介されているので、興味がある方は知っているかもしれません。これは、男性ホルモンが原因で起こる脱毛を指す言葉で、男性型脱毛症の略語です。

男性ホルモンは誰しも持っているホルモンです。このホルモンが毛穴の中に入ってしまうと成長途中の毛に悪さをします。成長をきちんと促す作用をさえぎったり、まだ成長途中の髪の毛を抜けやすくしてしまう効果もあるのです。男性ホルモンが毛穴に入っていしまう原因はまだ分かっていませんが、遺伝的要因が大きいと言われています。

この男性型脱毛症ですが、実は女性にも起こる疾患です。「男性型」と名前が付いているのでついつい女性には関係の無い物にかんじてしまいます。しかし、これはあくまでも『男性型ホルモンが関係している』という事であって男性にしか起こらないと言うものではありません。

女性の場合は、女性ホルモンが年齢と共に低下する事で男性ホルモンの動きが活発になり症状が起きやすくなります。女性の場合は、ADAと言われ意外と多くの患者さんが存在しています。男性型との違いは、治療をしないと止まらないAGAに比べある程度薄毛が進んだ後はそこでストップすると言う事です。また、ホルモンの量を増やす為に生活改善を行ったり、ホルモンに良い食材を取る事で症状は改善されると言われています。

自分自身では気が付いていないかもしれませんが、女性の中にはFAGAになっている可能性の人が居るかもしれません。心当たりのある方は、まずは医師に相談してみる事をお勧めいたします。薄毛が改善し、良い効果を得る事が出来るかもしれません。